Japanese Association of Family Therapy
一般社団法人 日本家族療法学会

認定スーパーヴァイザー制度

「認定スーパーヴァイザー」になるためには

本学会の会員として、家族療法に関する一定以上の実践経験、一定期間以上家族療法のスーパーヴィジョンを受けており、かつ、家族療法のスーパーヴィジョンも行っていることに加え、スーパーヴィジョン実践に関するレポート、本学会及び関連学会での活動実績等が審査されます。さらに、5年更新制を設けることにより、本資格認定後もスーパーヴァイザーとしての責務をさらに認識して研鑽を深めていくことを求めています。

*家族療法に関するスーパーヴィジョンを受けたいと思われる方は、以下リンク先の「認定スーパーヴァイザー一覧」をご確認の上、直接ご連絡をお取りください。

本資格の認定を希望される会員の方は、まずは下記の最新の要綱をご覧ください。認定手続きを進められる場合には、「マイページ」の「お知らせ」ページから各種申請様式がダウンロードできます。それらを利用して手続きを進めてください。

2020年度認定スーパーヴァイザー審査要領(PDF)
認定スーパーヴァイザー一覧

top▲